楽団概要

楽団名称

武蔵野シンフォニック・ブラス・オーケストラ(略称 MSBO)

 

楽団設立

平成元年、「三鷹市立第七中学校吹奏楽部OBバンド」として設立しました。

「広い【武蔵野台地】で心に響く音楽を奏でよう!」というところから「武蔵野シンフォニック・ブラス・オーケストラ」と名付けられました。

現在では同校OBバンドとしての趣旨は無くなり、団員を広く一般公募しアマチュアとして活動する市民吹奏楽団となっています。

平均年齢も20代前半という非常にエネルギッシュな楽団です。

 

活動目的

『楽団員の相互協力により音楽文化の創造と発展に努め、また地元地域との文化交流を図りながら、音楽を楽しむことを目的とする。』

当団は年一回自主公演である定期演奏会の他、地元の小学校での演奏会やイベントでの依頼演奏等、地域に密着した活動を主に行っております。

よって、「吹奏楽コンクール」への出場はしていません。

 

活動場所

東京都三鷹市大沢 大沢コミュニティーセンター

(諸事情により練習場所が変わることがあります。)

 

通常練習

毎週木・土曜日18:30~20:45

(この他、必要に応じて臨時練習を行っています。)

 

団員構成

多くは社会人ですが、学生もたくさんいます。

平均年齢は20代前半ですが、年齢の上下に関係なく練習以外にも遊びに行ったり飲み会をしたりと仲良くやっています。

(現在、団員数は50名を越えております。)

 

活動実績

・定期演奏会

・大沢コミュニティーセンター祭

・わんぱくサッカーフェスティバル

・夏の合宿

・羽沢小学校演奏会

・三鷹市芸術文化祭「吹奏楽の集い」

・大沢台小学校演奏会

・大沢コミュニティー音楽会